1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用トップ
  4. 社員インタビュー
  5. 本間 健太郎

本間 健太郎 NE事業部 SHプロダクション SH対応課

ENTRY

入社の経緯~バンダイナムコエンターテインメントとの出会いは?

私とバンダイナムコエンターテインメントとの出会いは偶然に近いと思っています。

なぜかというと、私はバンダイネットワークスという会社に入社して、その会社がバンダイナムコゲームスと統合になり、気が付くとバンダイナムコエンターテインメントになっていた…という流れだからです。

就職活動時は『働くなら楽しく』という基準のもと、最終的に『皆を楽しませるものに関わりたい』『好きなものに携わりたい』という理由で、エンターテインメント系の企業を受けていました。

もちろんその中にはゲーム会社も入っていましたが、併せて興味のあったネットワークを絡めたエンターテインメントがいいな、ということで最終的にバンダイネットワークスに入社を決めたと覚えています。

入社直後はキャラクターを扱うサービスだけではなく、着うたのサービスなどのノンキャラクターのサービスにも携わりましたが、その後、家庭用のゲームのプロデューサーやプロモーション担当も経験するなど、就職活動時に想定していた以上に、様々なエンターテインメントに関われています。

出会いは偶然ではありますが、結果就職活動時期に悩んでいた、他のエンターテインメント系の仕事も経験でき、今も楽しんで仕事をしている、という状況です。

本間 健太郎

現在の仕事内容は?

本間 健太郎

スマートフォンアプリのプロデュース業がメインの仕事で、『ジョジョの奇妙な冒険』アプリのプロデューサーとして、企画・開発に携わっています。

関係各所や開発会社様と打ち合わせを行い、スマートフォンアプリ全体の運用方針の決定から、プロモーションプランの策定、画像などの制作指示も行っています。

また、最近はネットワークを利用した新しいサービスの可能性について、検討したりもしています。いつか形にできることを目標に仕事をしています。

本間 健太郎

休日の過ごし方・趣味・ワークライフバランスなど

特に『コレ!』という過ごし方はありません。

ロードバイクに乗ったり、撮り貯めたアニメや映画を観たり、ライブやフェスに参加したり、友達と飲んだりしています。

共通点は、自身の好きなことや楽しめることに時間を使っているということでしょうか。

休日は休日でしかできないことで楽しんで、平日は仕事で楽しむ、そんなバランスで過ごしています。

ただ、意識して休日の1日何をするか、テーマを3つ作って行動しています。

※午前:ロードバイク、午後:ゲーム、夜:飲み会、等

これが、充実した休日が過ごせるコツかな、と思っています。

また、辛い物を食べるのが好きなのですが、最近週末は何か辛い物を1回は食べる、という新ルールを作りました。小さいことですが、1週間の目標になって良い流れができているのでは?と思っています。

本間 健太郎

皆さんにメッセージ

このメッセージを読んでいる方は、ゲーム好きや、キャラクター好きなど、エンターテインメント系の業界での就職を検討している方が多いかな……と思います。

就職活動時に、私は知人から、『好きなことは仕事にしたくない』『楽しいことは趣味として距離を置くべきだ』という意見を多く聞きました。

一方、私は『どうせ仕事するなら好きなことを仕事にしたい』という考えでした。

知人の言葉に不安になりつつも、そのまま入社し、10年経ちましたが、当時好きだったことを、今も好きなまま仕事にできています。

皆が皆そうではないと思いますが、私は好きなことを仕事にすることをお勧めします。その方が後悔なく、楽しく生きていけるはず!と信じています。