ストーリー&キャラクター紹介 P.06-10

ストーリー&キャラクター紹介[1] P.06

辺境の村に祖父と二人で暮らす少年「シング」は、今日も祖父との剣の修行に打ち込んでいた。
初めて祖父から一本をとったシングは、その褒美として祖父より神秘の武具「ソーマ」を譲り受ける。

ソーマを譲り受けた後、シングは祖父の外出中に祖父を訪ねてきた少女、「コハク」と出会う。
初めて会う村人以外の異性に戸惑いつつも、その笑顔に惹かれていくシング。

しかし、コハクはシングの目の前で謎の魔道士に襲われ、そのスピリアに術をかけられてしまう。
シングはコハクを救うため彼女のスピリアにスピルリンクするも、誤って彼女の感情(スピルーン)を砕いてしまう。

コハクへの償いと、コハクの笑顔を取り戻したいという思いから、シングは祖父から譲り受けたソーマを手に初めて村の外へ旅立つのだった。

  • シング・メテオライト

    CV:柿原 徹也
    年齢:16歳 身長:167cm 体重:54kg
    辺境のシーブル村で、ソーマ使いの祖父ゼクスとともに暮らす少年。海岸に流れついたコハクとヒスイの兄妹に出会ったことで、生まれて初めて、村の外の世界へ旅立つことになる。好奇心旺盛で危険なことにも首を突っ込みたがる性格だが、ひたむきで強いスピリアを秘めている。

ストーリー&キャラクター紹介[2] P.07

  • コハク・ハーツ

    CV:井上 麻里奈
    年齢:17歳 身長:158cm 体重:45kg
    スピリアに宿る「彼女」の声に導かれ、ソーマを求めて兄ヒスイと旅をしている少女。謎の魔道士インカローズからの逃亡の果てに、シングのもとに現れる。本来は闊達で物怖じしない明るい少女だが、精神の源スピリアが四散し、感情のほとんどを喪失。世界中に散らばったスピルーンを求めシングと旅するうちに、彼と心を通わせていく。

  • ヒスイ・ハーツ

    CV:松風 雅也
    年齢:18歳 身長:184cm 体重:70kg
    妹コハクを守るため、彼女とともに故郷の村を出奔した青年。大切な妹のスピリアが砕かれる原因を招いたシングを恨み、冷たい態度をとっているが、本来は情に厚い性格。妹に対してあきれるほど過保護で、シングとコハクの仲が接近していくことに不満を抱いており、ことあるごとにジャマをしようとする。

ストーリー&キャラクター紹介[3] P.08

  • ベリル・ベニト

    CV:千葉 紗子
    年齢:18歳 身長:148㎝(自称155㎝) 体重:38kg
    宮廷画家を目指す自称・未来の巨匠。家出同然で故郷の村を出たものの、商人に騙されお尋ね者に身を落としたり、シングたち同様イネスにソーマの代わりにコキ使われたりと苦労が絶えない。本人は天才芸術家らしくニヒリストを気取っているが、元々お人好しで抜けているところがあるため、今ひとつクールに決まらない。

  • イネス・ローレンツ

    CV:伊藤 静
    年齢:24歳 身長:168cm 体重:54㎏(自称)
    運び屋「日々寧日」の社長。提供したソーマの代金に、シングとヒスイの身柄を担保として彼らを行商に同行させ、タダ働きの従業員としてコキ使っている。一見すると優しげなお姉さんだが、巨大なソーマを軽々と振るう怪力の持ち主で、ピンチを前にしてもどこか余裕を感じさせる様子には、一筋縄ではいかない凄みが垣間見える。

ストーリー&キャラクター紹介[4] P.09

  • クンツァイト

    CV:郷田 ほづみ
    年齢:外見20歳(実年齢不明) 身長:193cm 体重:77kg
    帝国軍により密かに保管されてきた、古代に造られた機械の人間。コハクの声で眠りから目覚め、主の手がかりを求めて一行のあとを追う。擬似スピリアという、人間の精神を模した機能を搭載しており、人の感情をある程度は理解できる。しかし、万事において融通が利かず、その言動はときに冷酷である。

  • カルセドニー・アーカム

    CV:神谷 浩史
    年齢:16歳 身長:162cm 体重:48kg
    若年ながら優れた剣の腕で聞こえた、バレイア教会結晶騎士団の小隊長。騎士の使命感と婚約者への想いから己を必要以上に厳しく律している。任務中にシングたちと遭遇し何度も激しく戦うが、互いを認め合う仲となり、彼らの旅に力を貸す。

ストーリー&キャラクター紹介[5] P.10

  • ガラド・グリナス

    CV:石川 英郎
    年齢:45歳 身長:187cm 体重:88kg
    一目でコハクのデスピル病が特殊なことを見抜き、コハクの治癒がデスピル病根絶につながるかもしれないと、シング達に同行する。二十年ほど前に妻と娘を亡くしたことがきっかけでソーマ使いとなり、培った経験に裏打ちされた腕と知恵でシング達の心強い味方となる。デスピル病のコハクを自分の娘と重ねてしまい、感情的になることがある。

  • リチア・スポデューン

    CV:清水 香里
    年齢:外見14歳(実年齢は不明) 身長:149cm 体重:不明
    コハクのスピリアの中にいたエメラルドの色の髪の女性。
    『ねむり姫』の絵本のとおりの姿で現れ、彼女はシングに助けを求める。