Trusty Bell〜ショパンの夢〜ルプリーズ

期間限定公式ブログ

新着記事
  • 新着記事1
  • 新着記事2
カテゴリ表示
  • 記事一覧
  • ビジュアルデザイン
  • ゲームシステム
  • ストーリー&キャラクター
  • その他
製品情報

発売日:
2008年09月18日(木)発売予定
メーカー希望小売価格:
7,329円(税込)
ジャンル:
新感覚クロニクルRPG
©2007 2008 NBGI

CERO A

みなさん、こんにちは!
7月18日(金):野口

みなさん、こんにちは!
「トラスティベル〜ショパンの夢〜ルプリーズ」、制作プロデューサーを担当しています
野口です。
PS3版「トラスティベル」、いよいよ発売まで2ヶ月となってまいりました。
ドキドキします。期待と不安がいりまじる、まさにそんな感じです。

さて、このたびブログ連載を始めることになりました。
ゲームの内容についてとか、制作者のこだわりとか、よもやま話など、あ、それから攻略のヒントなんかも、おはなしするかもしれません。


もちろん、僕だけでなく、開発スタッフを中心にたくさんの人たちの話を掲載していきます。
是非、楽しんでいってくださいね。

ちなみに僕は、よもやま話担当ということで・・。

タイトル画面です!

で、第1回目のテーマはダンジョンです!
いきなりダンジョン!
なりきりダンジョンに似てますね、語呂が、いきなりダンジョン。


皆さんはダンジョン好きですか?


僕は苦手です。


方向音痴だからです。


攻略マップは役に立ちません。
地図が・・・苦手です。


スタート:「フェルマータの砦・中央道南」→鍵のかかった正面扉の左手、崩れた壁から内部へ →「フェルマータの砦・西側」→左手の瓦礫を通って水路を渡る→ハシゴをのぼり、空中通路を道なりに手前側へ進む・・・

こういう資料を作ってもらって、テストプレイしています。
情けないです。

迷った・・・・

だから、ダンジョンの構造についてはあまり口を出しません。
僕の基準で作ってしまったら、ダンジョンではなくただの通路になってしまいます。


「もうちょっと、こう、ヒントみたいの出してあげた方がいいんじゃない」
とかは言ったりします。


スタッフ「え?そうですか、それだと簡単すぎませんか?」

僕「いや、だから、さりげなく匂わすようなヒントを」

スタッフ「たとえば」

僕「壁に地図を貼るとか」

スタッフ「どこがさりげないんですか」

僕「いや、地図の内容をさりげなくさ」

スタッフ「・・・・」


制作プロデューサーの仕事は、細かいところにチョッカイを出さずに、大局的に製品のことを考えて、スタッフが最高のパフォーマンスを発揮できるよう環境を整えることです。


ごめんなさい・・・。


さて、気を取り直して!


今回は、新しいダンジョンもいくつか追加しています!
ちょっとへんてこりんな仕掛けのダンジョンもあったりして楽しんでもらえると思います。
ご期待ください!

世界が逆さま?なダンジョン

そして、このブログも引き続き、乞うご期待!

カテゴリ:○○

ページのトップへ