システム紹介
物語 キャラクター紹介 テーマソング
■ システム紹介 世界観紹介 オープニングムービー紹介
限定版情報



◆システム紹介

◆新戦闘システム「ML−LMBS(マルチライン リニアモーションバトルシステム)」搭載!

フル3Dで展開する『シンフォニア』は戦闘システムももちろん3D化!
その名も「ML−LMBS(マルチライン リニアモーションバトルシステム)」!

この名前は、従来の「LMBS(リニアモーションバトルシステム)」が敵と自分とを結ぶラインが一つだったのに対し、今回はバトルフィールドが3D化されたため、そのラインが他方向、かつ複数になった事に由来する。

しかも!このシステムは、敵と自分との位置が点ではなくラインとして表現されているので、カーソルを攻撃目標となる敵に合わせると言うシンプルな操作で、立体的でダイナミックな迫力ある戦闘が快適に体験できる優れものなのだ!

このように(【 画面1】【 画面2】【 画面3】)複数ある敵と自分とのラインの中から攻撃目標を選択するだけで【 画面3】、目標を攻撃出来る【 画面4


分岐システム

『シンフォニア』では、物語の途中に選択肢が現れることがあるんだけど、それを選択するかによって、その場のイベントが変化するのだ。しかも、この選択肢、キャラクターの感情にも微妙に影響をあたえるとのこと。

その結果何が起こるのかは、ストーリーを進めてみてのお楽しみ!


「しいな」が一人でたたずんでいる【画面1 】。

「こえをかける」と...【 画面2
「そっとしておく」と...【 画面3