平成13年3月15日
報道関係者各位
カロリーコントロール飲料「アサヒ ちゃら」のパッケージデザインやCMに進出!!
「パックマン」が飲料水のイメージキャラクターとして登場

株式会社ナムコは、アサヒ飲料株式会社(社長:佐野主税、本社:東京都墨田区)が3月26日(月)から新発売するカロリーコントロール飲料「アサヒ ちゃら」の『パッケージデザイン』及び『広告キャラクター』に、「パックマン」のキャラクターを使用することを許諾いたしました。
ゲーム中にパクパクと元気良く“エサ”を食べる「パックマン」のキャラクターは、多彩な料理を楽しむ現代人の食文化の象徴として採用され、「アサヒ ちゃら」のパッケージデザイン、CMなどの広告キャラクターとして登場します。

「パックマン」は、1980年に業務用ゲームとして登場し、モンスター(敵)の追撃をかわしながら、画面上のエサ(点)を食べつくし、パワーエサを食べると立場が逆転するなど、単純なルールで奥の深いゲーム性は世界中で大ヒットしました。20年以上の時を経ても楽しまれているそのゲーム性と、画面上のエサを食べるその姿は、子供から大人まで広く親しまれています。

「アサヒ ちゃら」は、新素材の甘味料“アラビノース”・“ガルシニア果皮抽出エキス”を使用したノンシュガー・ノンカロリーのカロリーコントロール飲料です。アラビノースは、酵素が小腸で砂糖をブドウ糖と果糖に分解する働きを抑え、ガルシニア果皮抽出エキスは余剰摂取した糖質をグリコーゲンに変え脂肪に変化するのを抑える効果があると言われており、余剰カロリーを摂取しがちな現代人の健康維持をサポートします。

パッケージは、白色を基調とし「パックマン」の黄色が映えるカラーリングと“Chara”(ちゃら)のロゴを「パックマン」が食べようとしているユニークなデザインになっています。
テレビCMや雑誌広告なども、「パックマン」を使用し商品コンセプトが伝わるような楽しいものを用意しています。

今回の「パックマン」をはじめ、過去には「リッジレーサーV」のイメージガール「深水 藍(ふかみあい)」がDVDカーナビゲーションの雑誌広告に登場したように、キャラクターが1タレントとして活躍する機会も増え、今後も様々な方面に展開してまいります。



戻る
(C)NBGI